COC地(知)の拠点

概要

稚内北星学園大学は、平成26(2014)年度に文部科学省が進める「地(知)の拠点整備事業」(COC事業)に選定されました。平成26(2014)年度は全国から237件の応募があり、25件が採択されましたが、そのうち道内で採択となったのは本学だけです。

「地域の教育力向上とまちづくりで協働する地(知)の拠点整備」と題した本学の事業は、稚内市および利尻町を主たる連携先としながら、次の3つの課題を柱として地域との連携・協力を深めていこうとするものです。

1. 地域の教育力向上
2. 観光まちづくり
3. 中心市街地活性化

1については、地域の教育力向上を目的に、放課後の学習支援やICT利用教育のための支援等を行っています。主に地域教育支援室が担当します。

2については、効果的な観光情報の発信や新たな観光資源の創出について「観光まちづくり」の視点で取り組んでいきます。主に地域観光支援室が担当します。

3は中心市街地の再生・活性化を目的とし、大学・学生と地域の皆さんが共に力をあわせて“まちづくり”に取り組みます。主にまちなか振興支援室が担当します。

これらは本学の地域貢献活動であると同時に、学生がそこに参加して実践的に地域課題解決に取り組む有意義な学びの場でもあります。

稚内北星学園大学は、この地の「知の拠点」として今後さらに積極的かつ多彩に取り組みを進めていきます。ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

本学COC事業に関わるドキュメント

シンポジウム

地域活動報告会

COC新聞

COC活動レポート

COC推進委員会 ディスカッション・ペーパー・シリーズ

このディスカッション・ペーパー・シリーズは、個々の執筆者の責任のもとに、研究の進展と地(知)の拠点整備事業の促進を図るため、研究の中間的なまたは最終的な成果を迅速かつ簡易な方法で印刷して発表するものとする。

COC事業報告書

年次報告書

その他