猿払村と包括連携協定を締結しました

全体

7月12日(火)、猿払村と本学は、包括連携協定を締結しました。協定内容は、次の4つです。

①教育及び文化振興、生涯学習の推進
②地域づくり、まちづくりの推進
③観光、産業振興な地域経済
④その他、様々な目的を達成に必要な事項

調印式を終え、伊藤浩一猿払村長(写真左)は、「地域、まちづくりや観光産業の振興などに稚内北星学園大学の協力を受けながら、猿払村の発展に努めたい」、斉藤吉広本学学長(写真右)は「COC事業として行ってきた遠隔地学習支援等の取り組みを平成30年以降も継続したい、また教育以外でも様々な点で協力体制を作りたい」などと述べました。