「第1回COC全国シンポジウム」

全体

稚内北星学園大学
第1回COC全国シンポジウム・第5回地域活動報告会
「地域の教育力向上に果たす大学の役割」
稚内・宗谷の子育て運動に学ぶ地域の担い手づくり

日時/2016年9月17日(土)14 時00 分~19 時30 分
            18日(日)10 時00 分~16 時30 分

会場/稚内北星学園大学(稚内市若葉台1丁目)新館1401 教室ほか

主催/稚内北星学園大学

後援/
 稚内市、稚内市教育委員会、猿払村、猿払村教育委員会、豊富町、豊富町教育委員会、利尻町、利尻町教育委員会、浜頓別町、浜頓別町教育委員会、枝幸町、枝幸町教育委員会、中頓別町、中頓別町教育委員会、利尻富士町、利尻富士町教育委員会、礼文町、礼文町教育委員会、幌延町、幌延町教育委員会、稚内市校長会、宗谷校長会、稚内市教頭会、宗谷公立学校教頭会、北海道高等学校協会道北支部ブロック、北海道教育庁宗谷教育局、北海道宗谷総合振興局、稚内市子育て推進協議会、稚内市連合父母と先生の会、稚内市教育研究会、株式会社宗谷新聞社、株式会社稚内プレス社、稚内市母と女教師の会

9月17日の内容

シンポジウム1日目の9月17日は、名古屋大学大学院教授で、25年にわたり宗谷の教育研究を行っている植田健男(うえだ たけお)氏をお招きし、「宗谷における地域に根ざした教育運動の今日的意義」と題した基調講演を行うほか、パネルディスカッションを行います。
会場/新館4階大教室

タイムスケジュール/
 13時30分 受付開始
 14時    開会式
 14時15分 基調講演
 15時30分 パネルディスカッション
 17時    終了

 18時    情報交換会(別会場、有料)

基調講演

テーマ/
 宗谷における地域に根ざした教育運動の今日的意義
講師/
 植田 健男(うえだ たけお)氏 (名古屋大学大学院教授)

パネルディスカッション

パネラー/
 表  純一 氏 (稚内市教育委員会教育長)
 若林 利行 氏 (北海道稚内高等学校校長)
 網谷 一幸 氏 (稚内市立潮見が丘中学校校長)
 斉藤 吉広   (稚内北星学園大学学長)

コメンテーター/
 植田 健男 氏 (名古屋大学大学院教授)

司会/
 佐賀 孝博   (稚内北星学園大学副学長)

情報交換会

時間/18時~
会場/キッチン倶楽部「菜好」3階大ホール(大黒ビル)
会費/一人3,500円(立食方式)
※案内では会場が「稚内海員会館」となっていましたが、キッチン倶楽部「菜好」に変更となっています。

9月18日の内容

2日目の9月18日は、COC地域活動報告会として、セクション別(教育、観光、まちなか)に分かれての報告会やポスター発表が行われるほか、エクスカーションとして市内施設等の視察を行います。

タイムスケジュール/
  9時30分 受付開始
 10時   地域活動報告会
 11時30分 ポスターセッション
 12時30分 午前の部終了

 13時   エクスカーション

会場/
 受け付けは新館1階、その後各教室に移動

地域活動報告会

3つのセクション(「地域教育支援室」、「地域観光支援室」、「まちなか振興支援室」)に分かれて、それぞれの活動を報告します。
時間/10時~11時30分

地域教育支援室(本館303教室)

報告者/
「Kacotam視察について」
 山内 飛龍(情報メディア学部3年)
「『教たま数学教室』での学び」
 佐藤 千秋(情報メディア学部3年)
「放課後学習グングン塾での学び」
 東雲 恭平(情報メディア学部3年)
「豊富町『学び』の教室~サマーチャレンジ~での学び」
 中島 健太郎(情報メディア学部3年)
「学習支援における教職としての学び」
 米津 直希(情報メディア学部講師)

地域観光支援室(本館302教室)

報告者/
「地域情報発信映像作品制作のための学生のサハリン取材」
 牧野 竜二(情報メディア学部非常勤講師)
「観光ガイドアプリの開発『観光まちづくりにおける情報収集・発信』」
 卒間 静希(情報メディア学部3年)
 菅原 拓人(情報メディア学部3年)
 山岸 竜也(情報メディア学部3年)
 MARKOVA KATERINA(情報メディア学部3年)
「観光ガイドアプリ①飲食店を魅せる」
 清野 恭大(情報メディア学部4年)
 橋本 晃(情報メディア学部4年)
 畠山 健(情報メディア学部4年)
 米本 直史(情報メディア学部4年)
「観光ガイドアプリ②観光資源を魅せる」
 山田 汐莉(情報メディア学部3年)
 鈴木 秀門(情報メディア学部3年)
 田中 爽太(情報メディア学部3年)
 伊藤 岬也(情報メディア学部3年)
 須貝 龍之介(情報メディア学部3年)

まちなか振興支援室(本館301教室)

報告者/
「まちなかメディアラボについて」
 中野 窓香(メディア表現指導員)
「映像制作を通じたまちなか振興・まちづくりの可能性~稚内中央商店街における動画制作を事例として~」
 侘美 俊輔(情報メディア学部准教授)
「わっかないコーヒーフェスティバル2016について」
 山岸 純樹(情報メディア学部2年)
 吉岡 大輔(情報メディア学部2年)

ポスターセッション

地域活動報告会の口頭発表に割り振られていないCOC事業、あるいは地域志向の教育・研究を中心にポスター発表します。
時間/11時30分~12時30分
会場/本館3階

エクスカーション

マイクロバスで移動し、稚内市内の観光施設等の視察を行います。
時間/13時~16時 ※12時45分に大学前に集合してください
コース/
大学前-宗谷岬-(稚内空港14:45)-北防波堤ドーム-国登録有形文化財「旧瀬戸邸」-(稚内駅16:30)-大学前

◆シンポジウム開催の目的

本学では、COC事業を契機に、地域の知の拠点としてより一層、地域貢献を進めてきました。その柱の一つ「教育」では、地元の稚内市と宗谷管区で、学生の活躍により、見える成果を上げてきました。
同シンポジウムでは、こうした活動を広く交流・発信し同時に全国的視野で教訓と課題を浮き彫りにして、今後に生かすことを目的としています。